フェイスラインまとめ

フェイスラインについて様々な角度から見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

私から一つ、美容に関する事は身体全体にも関わって来る事なのだという事を改めて実感いたしました。

今回、フェイスラインで色々な事を学んできましたが、どれひとつとっても身体が不調なら、フェイスラインの改善に取り組む事も出来にくくなります。食事や睡眠、そして運動も合わせて取り入れていく事で自分のフェイスラインが美しくそして憧れのフェイスラインとなるように近づいていく事は間違いありません。

辛い思いをして目指すよりも、メイク術などは楽しむ事も出来るので、その点では気負いせずに取り組む事の出来る方法が多いかと思います。

美しいフェイスラインはあなたの健康と笑顔が作り出すものでもある事をこれからも忘れないで下さいね。

美肌の人は、見た目年齢も若い

美肌を目指して、食事療法をされている方、エステに通っている方、万全の対策で、紫外線から逃れている方・・・さまざまだと思います。

私も、美肌の為には色んな事にチャレンジしていますが、ダイエットをして体は痩せたのに、若さまで消滅した方も見てきているので、それだけは避けたいと始めたのが、ヨーグルトの上澄み液の活用です。

上澄み液を日ごろ使っている化粧水に数滴落として、顔全体を覆うようにすると、暫くすると、ピンとしたハリ感があります。そのまま就寝すると、翌日には、肌のハリもできて、美白効果を感じる事も出来るはずです。

それでももの足りなさを感じる方は、市販の1本100円もしない炭酸水で、洗顔後、水やぬるま湯ではなく、ゆすいでみて下さい。

スッキリとした美肌になります。是非、お試しください。

食事療法としては、美肌の大敵である便秘を防ぐ為に、リンゴと牛乳をミキサーに投入して、ムース状になるまで混ぜて下さい。

リンゴの甘味だけでも甘すぎる人は、豆乳にすると良いです。

驚くほどの効果が得られると思います。

美肌の母が常日頃からやっていること

私の母はとにかく肌が綺麗で、50歳を過ぎても毛穴の開きや目立ったシミ・たるみもなくキメも細かいパーフェクト美肌。その母が徹底的に実践しているのは、とにかく肌にダメージをあたえないこと。日焼け対策はもちろんのことですが、化粧水をつけたり軽くマッサージをする時や洗顔の時にとにかく優しく肌に触れています。肌は非常に薄く脆いのですが常に露出している部分なので新陳代謝の激しい場所でもあります。肌が生まれ変わるターンオーバーの過程で細胞を傷つけてしまうと、目には見えませんがかさぶたのように固くなり、他の正常な部分のサイクルから取り残されます。また新しいサイクルにうまくはいってくれればセーフですが、ほんの些細なことから悪循環に陥り下から上がってくる新しい細胞を停滞させさらに角質化。徐々に周りの正常な細胞も巻き込んでトラブルの素になるというのが母の主張です。ですからまずはトラブルのつけいる隙である「かさぶた」を作らないよう徹底的に肌を優しくいたわることで美肌を保つことが出来るのです。

関連記事