ちょっと意識すればあなたのウォーキングがもっと効果的になる!

ダイエットや健康促進のために効果的と言われているウォーキングですが、ウォーキングの効果をより得るためにはいくつかのポイントがあります。

まず、30分以上続けて歩くことです。体内の脂肪が燃焼し始めるには30分は必要です。15分を朝晩とわけるよりも、一回で30分歩き続けることが大切です。

そして腕を後ろにもしっかりと振ることです。腕を振りながら歩くことができていると思っている方がほとんどですが、実はそれは前に振ることであって、後ろに引き上げることは忘れられがちです。後ろにもしっかりと腕をふることで背中の筋肉を刺激し、さらに後ろに腕を振ることで背筋もピンとします。

ウォーキングの時にほんの少し気をつけるだけでより効果が得られるので是非、取り入れてみてください。代謝が高まり、ダイエットや健康促進効果が高まります。

毎日が健康管理

急速に少子高齢化社会に向かっている日本、最近ではテレビ放送で健康に関して知っておくべき知識や病気を予防する方法など、出演者の健康状態をチェックしながら、一般のお医者さんが出演して、いろいろなアドバイスを行う番組をよく見ている。我が家も年齢の父母と子どもは20歳前後の娘二人。健康、美容、ダイエットに関する話題については、とても真剣に視聴していることが多い。そういった番組の放送中は私語や少し声をあげて話していても、「聞こえないから静かにして!」といった具合です。病気の予防法、健康管理法、ダイエット法など詳細に耳を傾けているのです。健康やダイエットに関心のある人が多いのでしょう。毎日、いくつものチャネルで同じような健康を扱った番組が頻繁に放映されているように思います。番組を見た後は、健康によい調理法をまねて作ってみたり、食べ方については、食べ物の食べる順番(野菜から食べるなど)、であったり、一緒に食べてはいけないものなど様々な膨大な量の情報が発信されています。放映された直後は一生懸命放送されたことを実施に移しますが、どれも長続きしないのです。その中でも頑張って継続している健康管理法は運動(1万歩/日、腰周りを細くする運動)、毎食、野菜、ネバネバ系食物摂取に努力しています。今のところ継続して続いている私の健康管理維持の方法です。

足先の冷え対策にはこれが一番

日頃から足の冷えに悩んでいる私は、時々行くマッサージ店に行っても、足の先が冷たくてマッサージ師さんによく指摘されます。全身マッサージを受け、体中が温かくなるのに足先だけまだ冷たい。そんな時マッサージ師さんがこっそり足の冷え対策マッサージを教えてくれました。そのマッサージをし始めてからは、足先がポカポカ。とても簡単なマッサージです。足の指に自分の指を挟んで、足首をグルグルと回すだけ、それだけなのに不思議なことに足先がポカポカしてくるのです。朝起きて足先が冷たい時はすぐそのマッサージをします。湯船につかっている時も、夜寝る前も行います。時にはアロママッサージオイルを使って癒されながら足先を温めることもあります。リンパの流れが滞っていると、血流が悪くなり冷えにつながるのだそうです。冷え症で悩んでいる方はぜひお試しください。

関連記事